セラミドの種類による効果の違い!なぜ「ヒト型セラミド」が最も保湿効果バツグンなの?



セラミドクリーム



セラミドの種類による効果の違い!なぜ「ヒト型セラミド」が最も保湿効果バツグンなの?


セラミドの種類による効果の違い!なぜ「ヒト型セラミド」が最も保湿効果バツグンなの?
保湿効果抜群と

密かに注目を浴びている

美容成分、セラミド。



でも一口にセラミドと言っても、

いろいろな種類があることを

ご存知ですか?

セラミドの種類は

原料や作り方で分類されます。








セラミドの種類




大まかに分けると次の4つとなります。


  • 天然セラミド

  • 合成セラミド

  • 植物性セラミド

  • ヒト型セラミド



と言っても、

これだけでは何が原料か分かりませんよね。

1つずつ解説していきます。







 

天然セラミド




動物の脳や脊髄が原料です。

動物由来のため、

人間の体の構造と近いのが特徴。



セラミドは、

表皮(私たちが肌と呼んでいる部分)の

すぐ下の角質層と呼ばれる所に

存在しています。



正確に言うと、

角質層の細胞間脂質という

ものの中なのですが、

その細胞間脂質と

非常に近い構造をしています。



つまり、肌に浸透しやすいという事。

高い保湿力が期待できます。

反面、抽出に手間がかかるため、

非常に高価であるという面があります。








植物性セラミド



米ぬかや油、

小麦胚芽油などが原料です。

また、最近はこんにゃく由来の物が

多く出回るようになりました。



保湿力はある程度期待できますが、

浸透力が低いのが問題点です。








合成セラミド



石油などを原料に合成されたもの。

厳密に言うとセラミドではなく、

セラミドに近い成分を

合成
されてあります。



保湿効果や浸透性は

4種類あるセラミドの中で最も低い
のですが、

大量生産が可能な上に安いので、

広く利用されています。








ヒト型セラミド




ヒト型とありますが、原料は酵母です。

ご安心を。



人の体の細胞間脂質と

非常に近い構造をしているために

ヒト型と名付けられました。



天然セラミドと同じかやや劣りますが、

やはり高い保湿力と浸透性を持ちます。

また、人の体の成分と近いために

お肌に優しいという面も。



その上、天然セラミドに比べると

安いというのが

非常に魅力な点と言えるでしょう。



つまり、4種類のセラミドの中でも

保湿力、浸透性が高い上に

お肌に優しい。




そしてお値段が比較的手ごろという点で、

ヒト型セラミドが

最もお勧め
なのです。








ヒト型セラミドには種類がある!


 

特にお勧めなヒト型セラミドですが、

実はたくさんの種類が確認されています。



現時点では11種類。

そのうち、7つまでが

肌に対してどのような働きをするかが

確認されているんですよ。



詳しく見てみましょう。



  • セラミド1 肌を保湿する・外部の刺激からバリアする

  • セラミド2 細胞間脂質の水分を保持する

  • セラミド3 2と同様に水分の保持をする(機能としては2の方が上です)、シワを軽減する

  • セラミド4 肌の表面部分(角質層と呼ばれている部分です)を脂質で保護する

  • セラミド5 4とほぼ同じ働きをする

  • セラミド6 肌の保湿、ターンオーバーの促進、シワを軽減する

  • セラミド7 細胞の増殖をコントロールする、皮膚にある菌のバランスをとる



と、現在で分かっているのは、

この7つの機能です。



今後、もっといろいろと

発見されるかもしれないですね。








ヒト型セラミド中でも一番お勧めなのは?




私たちの肌の中にあるセラミドの中で、

最も多いのがセラミド2

つまりそれだけ、

肌への強い影響力があるという事です。



もちろん、保湿力も抜群です。

セラミドクリームを選ぶときは

ヒト型セラミドが配合されているものを

選ぶ事をお勧めします。



もう1つ、複数の種類のセラミドが

配合
されてあることも大切。

相乗効果で保湿力、

浸透性がアップしますよ。








ヒト型セラミドが入っているかどうかを見分ける方法って?




とはいえ、ほとんどのクリームには

セラミドの種類までは

大きく書かれていないのが実情です。



どうしたらどの種類のセラミドが

配合されているか

見分ければよいのでしょうか?



そこで注目したいのが成分表

オシャレなロゴの裏側にある、

あの小さな文字の事です。



成分表を見れば、配合されてある

セラミド種類が分かりますよ。



とはいえ、ここに挙げたように、

ヒト型セラミド、合成セラミドと言った

書かれ方がされている訳では

無いのが難点。



各セラミドは、

専門用語で書かれています。

下に挙げておきますので、

これはぜひ頭に入れておいてください。



  • 天然セラミド・・・「ビオセラミド」「セレブロシド」

  • 植物性セラミド・・・「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」

  • 合成セラミド・・・「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」

  • ヒト型セラミド・・「セラミド1」「セラミド2」・・・などセラミドの後ろに数字で表示されています。







まとめ


セラミドの種類による効果の違い!なぜ「ヒト型セラミド」が最も保湿効果バツグンなの?
いかがでしたか?

一口にセラミドと言っても、

様々な種類があるのが

お分かりいただけたでしょうか?



できればヒト型セラミドが

複数配合されている物を

毎日使うのが理想なのですが、

セラミドはなかなか高価なもの。



ですから個々の表記を覚えて、

複数配合されたセラミドの中から、

1種類でもヒト型セラミドが

配合されているもの


選ぶ事がお勧めです。



セラミドクリームを買う時は、

パッケージの裏側、

あの小さな成分表を

しっかりと確認してみて下さいね。



セラミドクリームおすすめランキングへ戻るバナー