ドラックストアで市販されているセラミドクリームに保湿効果はあるの?



セラミドクリーム



ドラックストアで市販されているセラミドクリームに保湿効果はあるの?


ドラックストアで市販されているセラミドクリームに保湿効果はあるの?
お肌の強力な保湿成分として

最近注目を浴びているセラミド



とはいえ、セラミドが何か

よく知らない人も

多いかもしれませんね。



そして、何よりの問題は

どこで買うかという事。



セラミドクリームは、

ネット通販か、ドラッグストアで

市販品を購入することができます。



ところで、

市販品のセラミドクリーム

きちんとした保湿効果

期待できるのでしょうか?








そもそも、セラミドって何?




セラミドって聞いたことはあるけど、

よくは知らないという人や、

初めて聞いたという人も

いるかもしれません。



セラミドとは、一言でいえば

天然の保湿成分

人間は肌の中に

生まれつき持っています。



肌は何層かの層に分かれているのは

ご存知でしょうか。



その層の上の方の部分である

角質層というところに

セラミドが含まれています。



私たちが肌と呼ぶ表皮の

すぐ下の部分なんですよ。



このセラミドは、

肌の水分を保持して保湿したり、

外部の刺激から

肌を守る機能
を持っています。

天然の美容成分なんですね。



肌のターンオーバー時に

生成されるセラミドですが、

年齢と共に量が減ってしまうもの。



だからこそ、

クリームなどで補充する事が

大切となるのです。








どこで買えばいいの?




ところでこのセラミドクリーム、

どこで買えばいいのでしょうか?



ドラックストアなどで

市販されていますが、

ちゃんと効果はあるの?と

心配な人もいるでしょう。



答えは『その商品によって違うし、

使う人の肌状態によっても違いますよ』

というもの。



ちょっとあいまいですよね。

もう少し詳しくお話ししましょう。








セラミドの種類




セラミドは4種類に分けられます。

その種類は以下の通り。



  • 天然セラミド


馬などの脳や脊髄から抽出されたもの。

保湿効果や肌への浸透力が高い反面、

抽出にかかる手間のため

価格が高価なのが難点。



  • 植物セラミド


米や大豆など植物由来のもの。

天然セラミドに比べると

安いのが魅力。



しかし、保湿効果、

肌への浸透力はやや劣ります。




また、大豆由来の場合は

アレルギーを持つ人には

注意が必要な場合も。



  • 合成セラミド


石油などを原料に合成されたもの。

厳密にはセラミドではなく

セラミドに近い成分のものです。



大量生産が可能なために

非常に安いのが魅力です。



  • ヒト型セラミド


麹などの発酵物を原料としたもの。

最も高い保湿効果、浸透力を持ち、

なおかつ価格もお手頃です。



この中で一番お勧めしたいのが、

最後のヒト型セラミド



すでにお話ししたように、

肌への保湿力、浸透力共に高い反面で

価格が手ごろなのが

良いところでしょう。








ドラックストアで買う利点




次に、こういったセラミドを

ドラックストアで買う事の

メリットについて考えてみましょう。


ドラックストアで市販されているセラミドクリームに保湿効果はあるの?
  • 商品を手に取って選べる

買う時に安心感があるかと思います。

また、中にはテスターがある場合もあり、

感触を確かめられるのも魅力です。



なおセラミド自体は

非常にドロッとした感触ですので、

手に取った時に

さらっとしているようでしたら

相当にセラミド配合量が薄いと考えて

いいでしょう。



  • 成分表をすぐに確認できる

先ほど、ヒト型セラミドが

お勧めだと書きました。



しかし商品のパッケージなどでは

どの種類のセラミドを使用しているのか

確認する事が出来ません。



通販で買えるセラミドクリームにも

成分表は表示されているのですが、

ずらずらっと商品の説明や特徴、

お客様の声が並んだ

ずっと下の方にある場合が

多いのが辛い所。



中には、成分表にたどり付く前に

くじけてしまう人も

いるかもしれません。



それを思うと、商品を手に取り、

すぐに成分表を確認できる

ドラックストアは非常に便利です。



その他にも、

値引きやポイントサービスで

お得に買えるというメリットも

あるかと思います。








ドラックストアで市販されているセラミドクリームはちゃんと保湿できるの?




さて、肝心の問題点。

ドラックストアで市販されている

セラミドクリームの

保湿力についてです。



まず先ほど挙げたように

成分表をチェックしてみましょう。



ヒト型セラミドは

セラミド1、セラミド2…という具合に

セラミドの後に数字が付いています。



この表示があれば

保湿効果は十分に期待できますよ。




加えて、

他のセラミドの成分表での

表示を書いておきます。


  • 天然セラミド…「ビオセラミド」「バイオセラミド」

  • 植物セラミド…「植物セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」

  • 成セラミド…「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」


これらを覚えて置き、高価でも

高い保湿力や浸透力が欲しいという人は

天然セラミドを、

効果も欲しいけどあまり高いものだと

使い続けるのが大変という人は

ヒト型セラミドを選べば良いのです。



また、それほど深刻に

乾燥に悩んでいる訳でないのなら、

植物セラミド、合成セラミドでも

十分に効果を感じられるでしょう。



ただし、セラミドには

即効性はないので

長期間使い続けてくださいね。



つまり、

ドラックストアで

市販されているセラミドクリームでも

十分に保湿効果が

期待
できます。



ドラックストアにもよりますが、

天然セラミド配合のセラミドクリームを

市販しているお店もたくさんありますよ。








まとめ


ドラックストアで市販されているセラミドクリームに保湿効果はあるの?
いかがでしたか?

セラミドというと、

まだあまり知られていない成分ですので

もしかしたら通販などでないと

買えないんじゃないかなぁ…

と悩む人もいるかもしれません。



確かに少し前までは

セラミドは粒子が大きすぎて

肌に浸透させられず、

商品化の難しい美容成分でしたし、

ドラックストアで気軽に買えるものでは

無かったのは事実です。



でもそれも昔の話。

今は気軽に誰もが買う事の出来る

美容成分となっています。



自分の肌の乾燥状態と予算に合わせて、

市販品を上手に活用してくださいね。


セラミドクリームおすすめランキングへ戻るバナー